授乳中生理こない
授乳
母乳育児Q&A

授乳中に生理がこない理由は?生理が再開するとどうなる?

Oct 11. 2015
タグ :
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

一般的に授乳中は生理がこないと言われています。しかし実際にはすぐに再開する人もいれば断乳後も再開しない人がいるなど様々です。授乳中に生理がこないと言われる理由や、生理が再開するとどうなるかなど、授乳中の生理にまつわる疑問をご紹介します。

授乳中生理がこない理由は?

生理なぜこない

◆排卵を抑制するホルモンが働いている

妊娠中にも分泌されているプロラクチンというホルモンは、出産後も母乳を与えることによって分泌が続いています。このプロラクチンが排卵を抑制しているため授乳中には生理がこないことが多いのです。

つまりミルクとの混合授乳で母乳を与えることが少ない場合や、完全母乳でも授乳回数・授乳時間が少ない場合は、排卵を促すホルモンが生理を抑制するホルモンを上回り、生理が再開するという訳です。

しかし完全母乳でたくさん母乳を与えていても生理が再開してしまったという人もいます。授乳中に生理が再開すると、何か影響はあるのでしょうか。

生理がくると母乳の味が変わる?

母乳の味変わる?

◆味の変化だけでなく、乳腺炎の危険も

授乳中に生理がきてから子どもがおっぱいを飲まなくなってしまった。そう悩むママも少なくないのではないでしょうか。排卵や生理の期間はホルモンバランスが変わり、母乳の味も多少変化がみられ、味に敏感な赤ちゃんは母乳を嫌がることがあります。赤ちゃんがおっぱいを飲む量が急に減ってしまうと、乳腺炎になりやすくなってしまいます。

排卵・生理期間中は搾乳をするなどして乳腺炎にならないよう気をつけましょう。生理が再開して飲まなくなったからといってもすぐに諦めてミルクに切り替える必要はありません。

◆青菜などの和食をとりましょう

この期間中は青菜や煮物、お魚中心のコレステロール値の低いあっさりした和食にすると良いでしょう。また、デトックスハーブとして有名なクリーバーズもリンパ系に働きかけることで母乳の質をサラサラにし、美味しい母乳づくりの手助けをしてくれます。

卒乳・断乳後もなかなか生理がこない

卒乳後生理がこない

◆卒乳・断乳後も生理がこない原因は?

前項で紹介したプロラクチン(排卵抑制ホルモン)は、母乳を与えている間だけでなく、ストレスの多い環境でも分泌されると言われています。つまり卒乳していてもストレスを多く感じていると、排卵させるホルモンよりもプロラクチンが上回ってしまい排卵が起きず、生理が再開しないということになります。

◆卒乳・断乳後3ヶ月ほど様子をみてから受診を

一般的には卒乳後だいたい6ヶ月以内に再開する人が多いと言われています。妊娠・出産を経て母体ではホルモンバランスの変化が起こっているため、生理が再開する=元の身体に戻るには母体が十分に回復して、ホルモンバランスが整うことが重要になります。卒乳後すぐにバランスが整うわけではないので、3ヶ月程度様子をみてから病院を受診しても遅くはないでしょう。

◆生理がこない時のセルフケア

もし多くのストレスを感じているのであれば、その原因をひとつひとつ解消していくことも大切です。育児に家事にそして仕事をしているママは仕事に忙しく、なかなか自分の時間もとれないものですが、ちょっとした時間に好きなものを食べたり、好きな音楽を聴いたり、好きな映画を見たり、リラックスできる時間をつくれると良いですね。

編集部おすすめ

美味しい母乳を飲ませてあげたいと願うママのために

ミルクスルーブレンド

赤ちゃんがおっぱいを飲む量が減った・母乳がつまるとお悩みのママに。母乳のスムーズな流れをサポートする6種のハーブを配合。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同開発。

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になる授乳期ママのためのハーブティー。ヨーロッパや中国で古くから愛用されてきたオーガニックハーブ8種を厳選しました。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事