男性

助産師が教える!男性の精子検査とは?妊活中に受ける男性の検査。

2018.06.25

「妊活」という言葉が定着していますが、不妊の原因の50%は男性にあるといわれています。

男性のみなさんは、ご自身の精子の状態を知っていますか?精子の検査を行うことで、より前向きな妊活を行うことができます。

今回は、精子検査でどんなことがわかるのか、どんなことに気をつけたらよいのかをご紹介しています。

精子の検査でわかること

精子の数

精子画像

1mlの精液の中に何個の精子が存在するか知っていますか?実は、1ml中に2000万個以上、1回の射精では1億個以上の精子がいるといわれています。

自然妊娠を希望する場合、そのうち50%~80%が動いていれば妊娠は可能とされています。しかし、例えば1ml中の精子が100万個しかいなかったとしても、妊娠できるケースもあります。

精子の数が少なかったとしても、総運動量が活発であれば可能性はゼロではありませんが、自然妊娠しにくいケースもあるようです。

精子の形

精子の中には、頭が大きすぎたり尾が切れていたりという「奇形」のものがあります。精子の数が多くてもそのほとんどが奇形であれば、受精が困難になってしまいます。

精子が通る路はスムーズか

健康な状態の精子が多くいても、卵子にたどり着かなければ妊娠はできません。精子が射精に至るまでの路に何らかのトラブルが起こることを精子通路障害といいます。

先天性の場合もありますが、多くは精管近くに静脈瘤ができ塞いでしまったり、事故やケガなどの手術が原因で起こったりします。

フーナーテスト

性交後の精子の状態を検査するフーナーテスト

精子検査

フーナーテストとは、性交後の子宮頚管粘液の中にある精子の状態を調べる検査のことです。

どのくらい自然妊娠の可能性があるのかを知るために、射精後の精子が多く死滅していないか、正常に運動しているかを見ます。

検査方法としては、検査の12時間前くらいに性交を行い、その後子宮頚管から採取した粘液を顕微鏡で調べます。

先述の、精液検査で精子の状態が良かったとしても、女性の体に入った時の子宮頚管との相性が良くなければ、妊娠しにくい状態となってしまいます。

不妊の原因となる「抗精子抗体」

まれに射精が行われた後、膣内へ侵入しようとする精子に対して、女性側が間違えた判断でそれを外敵とみなしてしまい、免疫を作り攻撃してしまう「抗体」が存在します。これを抗精子抗体と言います。

また男性側も、精子を作り出す段階で、抗精子抗体を生み出してしまい、自滅しやすい精子を増やし、結果的に乏精子症になってしまうことがあります。

実は、不妊の原因の数%がこの抗精子抗体ではないかと考えられています。明確な原因は不明ですが、アレルギー体質の人に多いといわれています。

結果を踏まえての日常生活の過ごし方

精子検査後の生活習慣

食事に気をつけましょう

忙しさを理由に、3食摂らなかったり、暴飲暴食をしてしまったりでは、精子の質を下げてしまいます。ビタミンC、D、Eや亜鉛、カルシウムを多く摂ると良いでしょう。

インスタント食品などの加工されたものはなるべく控えるようにしましょう。

飲酒・喫煙を控えましょう

嗜好品はなかなか止められないかもしれませんが、妊活をしている間だけでも控えてみてはいかがでしょうか。実際のところ飲酒や喫煙は、乱れた食生活よりも精子に悪影響を及ぼすことがわかっています。

また、大量のカフェインもよくありません。頻繁にコーヒーを飲む場合は、カフェインレスのタンポポコーヒーなどに変えることをオススメします。

温めすぎないようにしましょう

精子は熱に弱いものなので下半身を温めすぎるような行為は避けましょう。

サウナに長時間入る、太ももの近くでPC作業をする、ブリーフなどの蒸れやすい下着をつけているなど、男性の日常生活を見直す事も必要です。

関連記事:妊活中に知っておきたい「男性の妊活」とは?

二人で協力し、ストレスフリーな妊活を

男性の妊活

女性の生殖機能とくらべると、男性は幾分シンプルな構造になっています。その分、精神的なストレスがダイレクトに影響しやすいといわれています。

男性は精子を検査することで、結果によってはネガティブな感情が生まれるかもしれません。しかし、妊活とは本来、前向きなものです。

不妊の原因が男性であれ女性であれ、お互いを思いやることができなければ妊娠は遠のいてしまいます。

妊活自体がストレスとならないように、二人で過ごす空間は、アロマを焚いたり音楽を聴いたり、互いの趣味を一緒に楽しんでみたりと、リラックスした時間を過ごすことが大切です。

編集部おすすめ

ウーマンリズム

妊活専用アロマオイルウーマンリズム

女性に毎月訪れる周期的な悩み、そして日々の生活のストレス。妊娠を願うならば穏やかに過ごしたいものです。そんな毎月のリズムを整えたいと思う妊活中の女性のために、マタニティアロマセラピストが3種のエッセンシャルオイルを厳選してブレンドしました。1本で約3ヶ月分ご利用いただけます。(1日1回、2滴のご利用の場合)

もっと見る

編集部おすすめ

妊活ブレンド

妊活ハーブTOP5をブレンド妊活ブレンド

妊娠準備中の女性のために、5000年の歴史を誇る西洋ハーブとインド発祥のアーユルヴェーダで使われているハーブTOP5を厳選し、日本人の体質に合わせてブレンドしました。体を整えながら妊娠したいと考える女性におすすめの飲み物、ハーブティーです。

もっと見る

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。