体の悩み

【助産師監修】妊娠15週目(妊娠4ヶ月)のお腹の中の赤ちゃんの様子について

2018.05.09

妊娠15週は妊娠4ヶ月の最後の週にあたります。一般的に妊娠16週からが安定期といわれていますので、安定期まであともう少し。

妊娠への戸惑いや不安、辛いつわりを乗り越えてきたママにとっては、一区切りともいえる時期です。この頃のママの身体の様子や、お腹の中での赤ちゃんの様子をご紹介します。

妊娠15週ごろのママの変化

つわりが治まります

ママを悩ませるつわり。一般的には、妊娠12~16週で体内のホルモン状態が安定し、自然に治まることが多いとされます。

妊娠15週は、そろそろ楽になってきたと実感できる頃かもしれません。つわりが治まることで食欲も回復し、ついつい食べ過ぎてしまう時期。バランスの良い適量の食事と、適度な運動を心がけましょう。

なお、つわりには個人差があり、まれに症状が悪化して治療が必要になる場合もあります(妊娠悪阻)。体調の悪さを感じている方は、主治医の先生に相談しながら経過を見ましょう。

むくみが出る人もいます

妊娠中は血液量が増加します。妊娠中の血液は、赤血球などの血球を除いた血漿成分だけが増えるので血が薄くサラサラとした血液になります。

サラサラした血液になることで赤ちゃんにたくさん栄養を届けやすくしているのですが、血が薄くなることで血管の外に染み出てしまいむくみが起こりやすくなります。

ウォーキングなど、軽めの運動を継続しながら、足を高くして休憩もとりましょう。

お腹がふくらんできます

この頃には子宮の大きさは乳児の頭くらい(グレープフルーツくらいと例えられることも)になります。お腹のふくらみが服の上からでもわかるようになってきます。

この頃の子宮は骨盤の上の方に位置しているため、膀胱への圧迫が軽減され、頻尿の症状が治まってくるのを感じるママも多いかもしれません。

胎盤が完成しています

ママと赤ちゃんをつなぐ胎盤が完成しています。ママから酸素や栄養が赤ちゃんに運ばれ、赤ちゃんからは老廃物がママに運ばれるようになります。赤ちゃんとのつながりを強く実感しますね。

妊娠15週頃の赤ちゃんの様子

大きさはリンゴ大

身長は10~15cm、体重は40~100g程度となります。

成長の幅に開きが出てくる頃なので、「大きめかな、小さめかな」と不安になるママもいるかもしれませんが、もちろん赤ちゃんの成長には個人差がつきものです。

手足の動きが活発に

骨や筋肉が発達し、細部まで成長しています。羊水の量が増え、活発に手足を動かすようになります。指しゃぶりも始まり、エコーでそのかわいい様子を見せてくれることも。

よく動いてはいますが、ママが胎動として感じられるようになるのはまだ少し先です。

感覚も発達してきます


聴覚や視覚が発達してくるので、ママやパパの声を感じたり、光を感じたりできるようになっています。優しく話しかけてあげましょう。

毛が生えます

透き通っていた皮膚は不透明になり、分厚くなります。身体には産毛が、頭には髪の毛も生えてきます。

性器ができてきます

外性器ができてくるのもこの頃。男の子か女の子か、早く知りたいママにとっては朗報ですね。

でも、エコーで判別できるまでになるのは20週より後のことが多いようです。ママにお知らせできるまではもう少し待ってくださいね。

妊娠15週のママの過ごし方

体重管理を意識しよう

前の章でも触れましたが、つわりが落ち着いてくると食欲が回復するママが多く、嬉しくて食べ過ぎてしまう人もいます。

ストレスを溜めないことは大切ですが、食べすぎには気を付けて、食事のバランスと体重管理を意識し始めましょう。

適度な運動としては、水泳、ウォーキングやストレッチがおすすめです。ただし、体調に配慮して行い、少しでも異常を感じたらすぐに中止しましょう。

歯のメンテナンスを始めよう

まだお腹もそれほど大きくないこの頃に歯科を受診することをお勧めします。妊娠後期や出産後はなかなか受診の時間がとれないもの。

妊娠中は虫歯や歯周病のリスクが上がることが知られていますが、忙しい妊婦さんの中にはなかなかそこまで気が回らない方も多いようです。

専門家にリスクを診断してもらい、歯石を取ったり歯磨きの指導などを受けておくと良いでしょう。つわりがひどかった人は一度歯周病も含めて診てもらう事をお勧めします。

妊娠15週を赤ちゃんと楽しんで

安定期までもう少しですね。これまで妊娠初期の辛さや不安に苦しんできたママにとっては、安定期が待ち遠しいのではないでしょうか。

もちろん安定期に入る前も入った後も、一番大切にしたいのはママと赤ちゃんの健康。体調のいい時は散歩にでかけるなどリラックスしたマタニティライフを過ごしてくださいね。

関連する記事
【助産師監修】妊娠初期の眠気はいつまで?原因と対策
【助産師監修】妊娠中の飲酒はなぜNG?胎児に与える影響は?

編集部おすすめ

マタニティブレンド

妊娠中の「すっきり」をサポートマタニティブレンド

「毎朝のスッキリが来ない」「象の足のようにパンパン」多くの妊婦さんが悩む2大マイナートラブル。 マタニティブレンドはそんな妊婦さんのために、英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が開発したノンカフェインのハーブティーです。お腹の赤ちゃんにも安心できる、8種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

編集部おすすめ

マタニティオイル

実績あるプロの妊娠線専用レシピを商品化マタニティオイル

産後もきれいなお腹をキープするために、お肌に潤いと弾力を与えてくれるオイルを配合しました。 日本人の肌に合う米ぬかを原料にしたライスオイルと、保湿力の高いマカダミアナッツオイルをベースに、マタニティアロマセラピストが妊娠線マッサージに長年実践してきた3種の精油を配合しています。独自比率で配合された精油とオイルが、妊娠中どんどん大きくなるお腹の皮膚の潤いを逃さず、柔軟性を保ちます。

もっと見る

ことまま

Mama writer

2017年1月生まれの女の子を育てている新米母です。夫は単身赴任なため、フルタイムで働きながら、ワンオペ育児に奮闘しています。育児疲れは仕事で癒し、仕事の疲れは娘の笑顔で癒しながら、毎日を乗り切っています。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。