ママの心と体

おんぶ育児はじめてみました。メリットがいっぱい!おんぶ育児の魅力

2017.08.06

タグをみる

最近、街中でおんぶしてる親子ってあまり見かけないですね。ほとんどのお母さんと赤ちゃんはベビーキャリアで抱っこが定番のようです。

私もベビー用品を買いそろえる時に、抱っこの事ばかり考えてベビーキャリアを選び、おんぶをするということは頭に浮かんできませんでした。

しかし育児を初めて6ヶ月、おんぶも出来るタイプのベビーキャリアで試しにおんぶをしながら家事をやってみたところ、すごく快適でした。

そしておんぶ育児についての良い情報を色々収集してからすっかりおんぶの魅力にハマり、「おんぶ専用紐」を買い足すまでに。

昔懐かしい育児の姿を思い出させますが、若いお母さん方にもこのおんぶ育児の良さを知ってもらいたいと思って私が体感、習得したおんぶ育児情報をご紹介します。

おんぶのメリット

おんぶのメリットとは、掃除や料理をする時に赤ちゃんがお母さんの背中側にいてくれると作業もしやすいし、時間も短縮できることくらいだと思っていました。

しかし、国内外の色々な育児書を読んでみると、日本の方が書いた育児書には「おんぶが出来るようになったら是非おんぶ育児を」と記してあるものが多く目につき、おんぶの事が気になって色々調べてみました。

高い位置でのおんぶで視界が広がる

私が使用していたベビーキャリアでおんぶをすると、赤ちゃんの顔は正面を向くと背中しか見えないような低い位置にきていました。せっかくおんぶをするなら、正面から見てお母さんの顔の横から赤ちゃんの顔もひょっこり見えるような高い位置が理想らしいのです。

高い位置からですと視界が広がり、お母さんと同じように色々な物を見て刺激を受けることが出来るためです。

私も高い位置でおんぶをするようになってから、家事をする時に私の作業が気になるのか一生懸命背中越しに見ようとしてきます。

お母さんと同じ方向を向いて、動作の見本を示すことが出来る

抱っこだと向かい合い鏡を見るような感じになるため、そのままマネが出来ないですが、おんぶだと同じ方向から見ることが出来るため仕草をマネしやすいということ。

また、家に宅配便などの来客がある時なども後ろからお母さんのやりとりする会話や動作などを常に感じ取ることが出来て、社会性も身につきやすいとのことです。

密着度が抱っこ紐より高く感じる

ベビーキャリアももちろん密着度は高いですが、一度専用のおんぶ紐での高い位置のおんぶをやってみるとその違いが分かります。そしてベビーキャリアで抱っこ中にはぶらぶらしていた手が、おんぶになるとお母さんの背中にしがみつくような位置にくるのでより密着度が高く感じます。

さらに、しがみつくような姿勢になるため赤ちゃんの体幹が鍛えられるそうです。

おんぶのデメリット

では、なぜこんなに良い事ばかりのおんぶなのに、今では抱っこの陰にひそんでいるのでしょうか。

おんぶ紐をつけるとカッコ悪い

おんぶの時は赤ちゃんが背中側に来るため、おんぶ紐を胸側に通さないといけません。胸側で紐をクロスすると胸が強調されてしまうので嫌だと思うお母さんが多いようです。

最近では、おんぶ紐もオシャレなデザインの物や、胸の前で紐がクロスしないタイプのおんぶ紐も発売されています。

おんぶは抱っこより難しい!?

まだ幼い赤ちゃんは自分の力で体をコントロールできないので、背中におんぶするのは確かに最初は難しいかもしれません。私も初めは落っことしてしまわないかと心配でしたが、慣れると簡単に出来るようになります。

赤ちゃんが見えない

抱っこと比べて赤ちゃんの表情が見えにくいです。途中で眠ってしまってもすぐには気づきません。

そのため、眠って頭が後ろに傾いたままになってしまうこともあり、後ろの様子を気にかけておく必要があります。心配な方には首カックンを防止するために背もたれ付きのおんぶ紐もあるようです。

まずはおうちの中からおんぶ育児

おんぶ育児をはじめてから、赤ちゃんと一緒に掃除や料理をしている気分になれたり、抱っこより家事の時間短縮にもなったのはもちろんのこと、近所をぶらっと散歩程度にならおんぶ紐で出ていき周囲の光景を一緒に見るよう話しかける機会も増えました。

おんぶ姿ってとても可愛いし、どこか懐かしい姿にホッとします。年配の女性からは「いいね、最近ではおんぶが新鮮ね」と声をかけてもらうこともありました。
やってみると意外といいものです。まずは家の中でのおんぶ、ぜひお試しあれ。

関連する記事:子育て中のイライラに効く!今すぐできる解消法3選

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートティーです。ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料には、オーガニック認証または無農薬栽培のハーブのみを使用しています。

もっと見る

編集部おすすめ

産後バランスブレンド

産後のイライラや落ち込み・だるさに産後バランスブレンド

「妊娠前と比べて、気持ちが落ち込みやすい、イライラを感じやすくなった」というのは、妊娠・出産を経験した多くの女性が抱える共通の悩みです。その原因には、出産を機に起こる大きなバランスの変化です。産後バランスブレンドは、そんな悩みを抱える女性のために妊産婦ケアの専門家と共に開発したノンカフェインのハーブティーです。育児中の女性をサポートする8種のオーガニックハーブをブレンドしています。

もっと見る
この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

     

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。