赤ちゃんの心と体

赤ちゃんとの外出はいつから?お出かけに必要な持ち物は?

2015.12.28

赤ちゃんとのお出かけは想定外のことも起こりやすいもの。事前にしっかりと準備をしておくと安心です。今回は赤ちゃんとの外出はいつからできるか、必要な持ち物についてお伝えします。

赤ちゃんとの外出はいつから?

●1ヶ月検診後から外気浴を

1ヶ月検診後から外気浴を

新生児の赤ちゃんは体温調節が上手にできず、免疫力もまだ十分にありません。1ヶ月検診を迎えるまで、できるだけ外出は避けましょう。お宮参りや病院に行く際などは、過ごしやすい時間帯に短時間で済ませることが理想です。

1ヶ月検診の後から、家の近くをお散歩するなど、外気に触れさせてあげましょう。初めは5分、慣れれば10分と少しずつ外気浴の時間を増やしてあげましょう。

夏なら朝や夕方の涼しい時間、冬ならお昼の暖かい時間帯で、天気の良い日を選び、30分以内を目安にします。人混みは厳禁です。

●ちゃんとしたお出かけは首がすわってから

赤ちゃん_抱っこひも

生後3~4ヶ月頃から首がすわり始めるので、抱っこひもを使って短い時間の買い物などに連れていけるようになります。お出かけに慣れてきたら公園や、授乳室などの施設が整ったショッピングセンターにお出かけしてもよいですね。

滞在時間は2~3時間を目安に、赤ちゃんの体調が良い時を選びましょう。

赤ちゃんとのお出かけに必要な持ち物

お出かけ前にしっかりと持ち物を用意してマザーズバックなど大きめの鞄にまとめておくことで、外出先での困りごとも少なくなります。必要な持ち物をお伝えします。

かばん、持ち物

●オムツセット

新生児期はオムツを2時間おきに1枚替えるという目安で、少し多めに持って行くといいでしょう。4時間以内のお出かけの場合は、2~3枚が平均的です。おしり拭きも忘れないようにしましょう。

お出かけ用に個包装になっているものも販売されています。デパートなどではオムツを捨てるダストボックスが設置されている場合が多いですが、持ち帰りが必要な施設もあるため、汚れたオムツを入れるビニール袋を1枚持ち歩くようにしましょう。

●着替え

よだれやおしっこなどで赤ちゃんの洋服が汚れてしまうことも多々あります。お出かけの時には最低でも1組は着替えを持ち歩くようにしましょう。

●授乳グッズ

母乳を飲ませているママは、授乳ケープを持って行くと授乳室以外でもおっぱいを飲ませることができるので準備物に入れておくことをおすすめします。

ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、お出かけ先でお腹が減った時のために哺乳瓶と粉ミルク、水筒などに熱湯を用意して持って行きましょう。1回分の粉ミルクが個包装になっているものや、3回分を分けて持ち歩ける専用の容器なども市販されています。

●ガーゼ・タオル

授乳時やよだれを拭くために赤ちゃん用のガーゼを2~3枚持ち歩きましょう。すぐに取り出せるところに入れておくことが望ましいです。

冬は防寒対策にブランケットや、夏でも空調が効いているところに行く場合は薄手の上着を持って行くといいでしょう。

●おもちゃ

お出かけ先で赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまった時に役立ちそうなおもちゃを1~2つ持っていくと安心です。握りやすい小さなもの、大きな音が出ないものがいいですね。

●母子手帳と保険証

お出かけをしている時、赤ちゃんの体調が急変する可能性もあります。どこへ行く時も、母子手帳と保険証は持ち歩くようにしましょう。また、掛かり付けの病院の連絡先も控えておきましょう。

●斜め掛けの鞄

赤ちゃんの荷物をまとめたマザーズバックの他、財布や携帯、家の鍵などママの貴重品を入れておくための斜め掛けの鞄があると、お出かけ先でも用事をスムーズに済ませることができます。


赤ちゃんとのお出かけはママにとって大変なことも多いですが、家の外に出ることはママにとっても赤ちゃんにとっても新たな刺激や気分転換になります。お出かけに必要な準備をきちんとしておけば、大変だと思っていたことも意外とスムーズにいきます。

パパや親族の協力も仰げると心強いですね。赤ちゃんとお出かけをする前に、プランを立ててシュミレーションをしておくと良いでしょう。

編集部おすすめ

ベビースリープ

赤ちゃんの夜泣き対策にベビースリープ

赤ちゃんが夜なかなか寝つかない、夜中に何度も起きる、抱っこしても、授乳しても、おむつを替えても泣き止んでくれない。そんな毎日が続くとママも、そして赤ちゃん自身も辛いものになってしまいます。 ベビースリープは香りで「すやすや習慣」を作ってくれる赤ちゃん専用のブレンド精油です。

もっと見る

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートティーです。ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料には、オーガニック認証または無農薬栽培のハーブのみを使用しています。

もっと見る

AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。“AMOMAよみもの”を通して少しでもその不安を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

       

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。