母乳育児Q&A

【助産師監修】授乳中の薬の赤ちゃんへの影響、安全性やつきあい方

2018.09.05

授乳期間中に体調を崩してしまい、やむをえず薬に頼る事もあると思います。授乳期間中にママが薬を使用することになると「母乳に移行してしまうのでは?」と赤ちゃんへの薬の影響が心配になりますよね。

今回は授乳中の薬の服用についてご紹介します。

お薬は母乳に移行するの?

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%a8%e6%af%8d%e8%a6%aa%e3%83%bb%e6%af%8d%e4%b9%b3%e3%81%ab%e7%a7%bb%e8%a1%8c%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%8b%ef%bc%9f

答えは「YES」です。ほとんどの薬が母乳の中に移行します。しかし母乳に移行する量は「ほんの少量」であることが大半の薬で分かっています。

この「ほんの少量」の薬が入った母乳を赤ちゃんが飲んで、赤ちゃんの体内に入り作用するという例は、実は数少ないのです。

「授乳中だから薬はまったく飲んではいけない」とか「薬を飲むために授乳を中断する必要がある」ということは必ずしも当てはまるわけではないので安心してください。

出産後、会陰切開や帝王切開の傷のために抗生物質や痛み止め、血圧を下げる薬なども内服しながら授乳する場合もあります。授乳中でも安心して飲めるお薬はあります。

安心な薬をどう選ぶか?

%e8%a8%ba%e5%af%9f%e3%83%bb%e5%ae%89%e5%bf%83%e3%81%aa%e8%96%ac%e3%82%92%e3%81%a9%e3%81%86%e9%81%b8%e3%81%b6%ef%bc%9f

医師に授乳中であることを伝える

体調が悪くなり病院を受診したとします。その時には必ず「授乳中である」ことを伝えるようにしてください。そして赤ちゃんの月齢も伝えましょう。

生後数日の赤ちゃんと、1歳ぐらい赤ちゃんでは体の器官の発達に差がありますので、判断が変わってくることもあります。

病院によっては紙面による問診票で、授乳の有無を記入する欄がもうけられていることもありますが、それだけでなく診察の際に直接医師に授乳中であることを伝えましょう。

紙面での問診票だけでは、見落とされてしまう場合もあります。

産後、メンタルの低下やうつになり、精神安定剤、抗うつ剤、眠剤などを処方される場合は授乳が禁止になる場合も多いので、処方してもらった医師に確認してください。

薬剤師に相談

病院でもらった薬が本当に安心かどうか、薬局で薬剤師に訊ねる事が出来ます。

医師に授乳中だということを伝え忘れていた場合にも薬剤師がチェックして、不安があれば再度医師に問い合わせてくれますので遠慮なく伝えてください。

ドラッグストアで購入する場合は?

%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%bb%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%a2%e3%81%a7%e8%b3%bc%e5%85%a5

特に授乳中は、病院で医師に処方された薬の方が安心なので病院に行くことをオススメしたいのですが、病院に行きたいけれど、育児が大変でどうしても病院を受診することが出来ない。

ドラッグストアで購入できる薬でとりあえず間に合わせたい方もいらっしゃるでしょう。

自分で薬を選ぶとなると大変苦労しますよね。そこで、ドラッグストアで買う際にも必ず薬剤師に授乳中であることを相談してから購入してください。

自己判断はせずに相談を

%e9%9b%bb%e8%a9%b1%e3%83%bb%e8%87%aa%e5%b7%b1%e5%88%a4%e6%96%ad%e3%81%9b%e3%81%9a%e7%9b%b8%e8%ab%87%e3%82%92

とにかくお薬のことで分からないことがあれば自己判断せずに相談をしてください。

湿布や目薬、塗り薬だから絶対安心という方や、漢方薬なら何でも飲んで大丈夫と思い込んでいる方もいらっしゃいますが、可能性は低いにしても注意して使用することが大事です。

逆に心配になりすぎて薬を使用することを我慢し、育児で大変な時にどんどん体調を悪くしてしまっても意味がありません。風邪や膀胱炎などでも早めに初期治療することをお勧めいたします。

授乳中のお薬に関しての相談窓口

お薬のことで悩んでいるけれど、相談に乗ってくれる医師、薬剤師が周囲におらずどうしようとお困りの方もいらっしゃると思います。そのような方には、お薬に関しての相談窓口があります。

相談するにあたり伝えるべき内容や電話応対といった条件がありますが、いざという時にこういった相談窓口があることを覚えておくだけでも心強いのではないでしょうか?

国立成育医療研究センターHP:
https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/before_consultation.html

関連する記事
新生児~離乳食開始後の授乳回数は?頻回授乳のすすめ
【助産師監修】授乳中の風邪、治し方は?市販の風邪薬は飲める?

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

もっと母乳で育てたいママのためにミルクアップブレンド

母乳の出が気になる授乳期のママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した母乳育児サポートティーです。ヨーロッパや中国で古くから授乳期ママの飲み物として愛用されてきた8種のハーブを厳選して配合。原料には、オーガニック認証または無農薬栽培のハーブのみを使用しています。

もっと見る

編集部おすすめ

ミルクスルーブレンド

つまりやチクチクで悩むママへミルクスルーブレンド

授乳期ママのために英国ハーバリストと授乳ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティーです。 母乳のスムーズな流れをサポートする6種のオーガニックハーブを厳選してブレンドしています。

もっと見る

なお

Writer / 薬剤師

2015年11月生まれの女の子の母です。職業は薬剤師でただ今育児休業中。優しくて面白いパパに支えられながら、慣れない家事育児に奮闘中です。子どもの成長と休日の家族団らんが今の楽しみ。

浅井貴子

助産師

新生児訪問指導歴約20年以上キャリアを持つ助産師。毎月30件、年間400件近い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児の育児アドバイスや母乳育児指導を実施。

この記事をシェア

AMOMAコラムについて

妊娠、出産前後はママにとっては初めてのことばかり。「これってあってるのかな?」 「大丈夫かな?」と不安や疑問に思った時につい手に取りたくなるような情報をお届けしたいと考えています。そのため多くの情報は助産師をはじめ専門家の方々に監修。テーマから読めるようになっていますので、ぜひ気になるものから読んでみてください。あなたの不安や疑問が解決できるお手伝いになれば嬉しいです。

PARTNER

助産師/商品開発パートナー
浅井貴子
■資格・免許
看護師、助産師、IFAアロマセラピスト、JMHAメディカルハーバリスト、NCA日本コンディショニング協会認定トレーナー
■専門分野
母乳育児、新生児~幼児にかけての育児相談全般、アロマやハーブを使用した産前、産後ケア 代替療法全般
管理栄養士
にしだかなこ
■資格・免許
管理栄養士・幼児食アドバイザー
■専門分野
メンタルヘルス食カウンセリング、子供の心を育てる食育講座、企業向け健康経営セミナーなど
心理カウンセラー
佐々木明子
■資格・免許
日本神経言語心理家族療法協会公認家族心理カウンセラー、NLPファミリーセラピー・マスタープラクティショナー、子どものこころのコーチング協会インストラクタ
■専門分野
心理カウンセラー
産婦人科医
牛丸敬祥
■資格・免許
日本産婦人科学会会員その認定医、産婦人科専門医、日本ソフフロロジ学会会員、東京オペグループ会員、日本アロマテラピー学会会員
■専門分野
産婦人科医

リクエスト募集

AMOMAではエキスパートに聞きたい授乳期の不安やお悩みを募集しています。頂いたリクエストについてラジオ、コラム、動画でお届けします!

リクエストする

あなたの授乳のお悩みご相談ください

全員が育児経験ママ
豊富な授乳トラブル相談知識

電話・チャットで相談する

※チャット、電話相談の対応時間は平日10:00~16:30

INSTAGRAM# 母乳育児いろいろ

フォローする

LINE 公式アカウント

LINE 公式アカウント

限定キャンペーンや
最新情報などをお届け

友だち追加で、今すぐ使える

100円クーポン

プレゼント中

LINE友だち追加

その他のお問い合わせはこちらから

MAILメールで問い合わせ TEL電話はこちら 092-292-3941
ラジオを聴く
コラムを読む
動画を観る
TOP
チャットで母乳相談
             

ただいま受付時間外です。
翌営業日10時以降に
こちらよりお電話いたします。
お電話番号に間違いがあった場合、
折り返しのお電話ができません。
お手数ですが、今一度ご確認をお願いします。

           

受付時間:平日10:00~16:30

 

現在の状況を教えてください

  • 妊娠月数、産後月数

  • お子様の人数

  • お名前

  • 電話番号

送信の前に個人情報・利用規約をご確認ください。

受付完了しました。

※こちらからお電話させていただきます。
今しばらくお待ちくださいませ。