会陰TOP720
妊娠・出産
出産準備

助産師に聞く!会陰切開の痛みや傷跡Q&A

Feb 28. 2014
タグ :
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

会陰切開とは?

会陰切開とは、出産・分娩時に会陰裂傷を予防するために会陰部(膣口と肛門の間部分)を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置方法です。会陰切開の痛みは?傷跡は?対処方法は?
そんな不安に浅井貴子助産師がお答えします。

 会陰部

助産師に聞く!会陰切開Q&A

Q.会陰切開するのと、自然に裂けることの違いは?産後の経過(傷の治り)に違いはありますか?
A.それ程違いはありません。産婦人科医によっては切開したほうが綺麗に治るといいますが、今は縫合の技術や糸も発達しているのでそれほどではありません。
Q.いきむタイミングが合わないと切れてしまうのですか?
A.いきまなくてよい時に下腹部に力がかかったり腹圧が強いと、切れやすくなったりします。
Q.会陰の伸びやすい人、伸びにくい人はいますか?肌質は関係ありますか?
A.会陰マッサージをしていた人や、平泳ぎなどで脚を開くスイミングをしていた人はよく伸びます。肌質は若干関係ありますが、身体の腕などの皮膚が硬くても、会陰は柔らかい人もいます。
Q.1人目で会陰切開した人は、同じ箇所が裂けやすいことがありますか?何かの拍子で切れることはありますか。
A.そういう事はありません。二人目で別の箇所が裂けることもあります。何かの拍子で切れるという事もありません。
Q.陣痛の痛みで会陰切開の痛みは感じないといいますが、本当ですか?
A.引きつる、引っ張られる、焼け火箸に貫かれるような痛み、という表現はよく聞きます。陣痛がそれよりも痛いと感じにくい人はいるかもしれませんが、度合いには個人差があります。
Q.縫合したあと、糸が引きつれるような痛みがあるのは本当ですか?
A.かなりきつくしばると皮下組織に糸が食い込み、引きつれるような痛みがあると思います。そういう方は退院するときに抜糸してもらうと引きつれるような感がなくなります。
Q.切開のあとの縫合で使う溶ける糸は、本当に溶けてなくなるのですか?
A.なくなりますが、溶けるのに個人差があります。夏場やよくお風呂に入る人は溶けやすいですが、冬場や身体が冷えている人は溶けにくいようです。
Q.痛みはいつまで感じますか?傷跡はどのくらい残りますか?
A.傷の大きさにもよりますが、軽度だと1~2日、大体3~5日目ぐらいで痛みを感じなくなります。正中切開(縦方向の切開)だとほとんどなくなりますが、側切開(横方向の切開)だと少し残ります。ケロイド体質の人はみみず腫れのようになる人もたまにいます。
Q.赤ちゃんが大きめでも会陰切開しないで済みますか?
A.会陰マッサージ+スイミング(アクアビクス)を組みあわせて対策し、3800gの赤ちゃんを会陰切開なしで出産した人もいます。
Q.会陰切開後のトイレ(排尿・排便)について教えてください。傷口がしみたり、怖くていきめないから便秘になりやすいなどはありますか?
A.最初の排便は特に緊張するようです。排便で糸が切れたりすることはありませんが便秘など固い便では、多少痛みがあるかもしれません。排尿ではしみることはありませんので、ウオシュレットなどで優しく洗浄するのがよいでしょう。
Q.会陰切開がきっかけで産後のセックスに恐怖感が出るなど、精神的な影響も大きいようですが、どうすればいいのでしょうか?
A.かなり切開の傷が大きかったり、難産でPTSDのようなトラウマのようになってしまうとなかなか回復できない人がいます。薬局でリューブゼリーなどの潤滑剤が売っていますので、そういうものをつけて滑りやすくするとよいかもしれません。

会陰切開の予防・痛みの対処法

カレンデュラオイル2

会陰切開を予防するには、カレンデュラオイルによる会陰マッサージがオススメです。たとえ会陰切開しても、切開部分が小さく済んで、産後の傷の回復も早くなります。会陰切開をして、退院後もしばらく痛みや違和感がある場合にも、カレンデュラオイルは役立ちます。

排尿・排便後、コットンにかるく浸たし、会陰マッサージの要領で塗布すると、溶ける速度を促進し違和感の軽減に役立ちます。ただ膿が出ていたり、腫れがひどい時には医師の指示を仰ぎましょう。

関連記事:「会陰切開の痛みはいつまで続く?傷跡の回復を早めるケア方法」

編集部おすすめ

妊娠後期からの出産準備に

カレンデュラオイル

妊娠後期の会陰マッサージから産後のケア、生まれてくる赤ちゃんの肌トラブルまで、幅広くご使用頂けます。

 
banner_2
浅井 貴子あさい たかこ
母乳育児 ガイド

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事