AMOMA natural care
赤ちゃんと母乳育児の専門ブランド

  • お知らせ
2024.01.10

復職してからも授乳継続する?入園前に卒乳する?どちらの方も【早めの準備】がおすすめです。

こんにちは。AMOMAの安です。
本日はオトクなキャンペーンのお知らせです。
「ミルクセーブブレンド」(定期便)が1/15より初回のみ300円OFFでご購入いただけます!
====================
クーポンコード:odayaka300
※継続中の定期便にはご利用いただけません。クーポンのご利用にはその他条件があります。
クーポンのご利用に関しての詳細はページ下部を必ずご確認ください。
====================

春からの復職を控えている方はそろそろ保育園の入園合否通知がいつ届くのか、気になる時期ではないでしょうか。

そんなとき頭をよぎるのが卒乳(断乳)するかどうかですよね。
「卒乳する」「続ける」、どちらにしても急に授乳回数が減ると乳腺炎やおっぱいの張りなどトラブルが起きやすくなります。
そのことを考え作られたのが「ミルクセーブブレンド」というハーブティーです。
今回のキャンペーンが皆さんのスムーズな卒乳や、復職後の授乳の手助けになりますように。

卒乳?授乳を続ける?どうする?

AMOMAが以前お客様にとったアンケートでは約60%のママが「復職をしても授乳を続けたい」と答えていました。またそのうちの約9割の方は乳腺炎などの授乳トラブルの心配をしていると返答されました。参考にしてみてくださいね。

復職授乳を続けたい

※AMOMA商品をご購入いただいたお客さまへの任意アンケート(2020年1月に「授乳期ママの職場復帰に関する調査」実施)・回答者300名

1月からの準備をおすすめする理由とは?

卒乳にはさまざまな考えや方法がありますよね。3日間などの短期間で卒乳したり、授乳回数を急激に減らす方法もありますが、「卒乳する」「しない」に関わらず復職などによって授乳ペースが変わることが分かっている場合は早めに準備することをおすすめしています。
なぜなら急に授乳回数を減らすと乳腺炎の原因にもなりますし張りや痛みがでやすいため、ママの体への負担が大きくなるからです。また急に卒乳し母乳が飲めなくなることが赤ちゃんへのストレスとなり、「かんしゃくを起こす」「指しゃぶりが止まらない」などの行動に現れることもあるので注意が必要です。

今迷っているなら無理に止める必要はありません

まだ卒乳するかどうかを迷われている方もいますよね。以前は1歳を過ぎたら授乳をやめたほうが良いという考えもありましたが、おっぱいは赤ちゃんに栄養を与えるだけでなく心のよりどころという部分がかなり大きいといわれています。
現在は、赤ちゃんが自然におっぱいから離れるまで続けてよいという考え方が主流です。赤ちゃんはお母さんの大好きなおっぱいを吸うことで幸福と満足感を得ています。お母さんと赤ちゃんがおっぱいを続けたい、または今迷っているなら無理に止める必要はありません。

卒乳をおすすめする場合もあります

shokuba

ただしこのような場合は卒乳をおすすめしています。
・母乳過多気味で、おっぱいのトラブルが続いている
・復職後のママの体の負担を減らしたい
・離乳食がなかなか進まない
・夜泣きがひどく、ママが疲労困憊
・二人目を妊娠した
・子作りをしたいが生理が来ていない
おっぱいを止めるかどうかの決意は大きな決断ですよね。この機会に一緒に考えてみませんか。

ミルクセーブブレンドを上手に使いましょう

AMOMAの「ミルクセーブブレンド」は母乳分泌抑制効果があるセージやペパーミントをメインで配合し、トラブル対策のことも考えた全5種のハーブをブレンドしました。
母乳の量をゆるやかに抑えることで、頻繁に張って無理に搾るなどのママの体に負担になるようなことをせずに、徐々に量を調整することができますので上手に使ってみてくださいね。
次から具体的な飲み方をご紹介します。

「復職後も授乳をつづけたい」場合の飲み方

2月頃から徐々に昼間のミルクや離乳食の回数を増やし、仕事復帰後をイメージした回数やタイミングで授乳をしていきます。またミルクセーブブレンドを昼間に飲み、仕事復帰後も飲み続けましょう。
母乳量が多い方は1月から徐々に母乳をあげる回数を減らすことがおすすめです。
おっぱいから離れることを不安に感じる赤ちゃんも多いと思いますので、ぎゅっと抱きしめたり、赤ちゃんと遊ぶ回数を増やしたり、お風呂上りにベビーマッサージをするなど、スキンシップの回数を増やすこともおすすめです。

授乳を続けるメリット・デメリット

メリット
☑離乳するまで授乳によるスキンシップの時間が自然と確保できる。
☑赤ちゃんのストレスが少ない。
デメリット
☑ママの予定管理がしづらい。
☑ママの体の負担が離乳するまで続く。

「4月に卒乳したい」場合の飲み方

年明けからおっぱいの回数を減らして、ミルクや離乳食の回数を徐々に増やしましょう。同時におっぱいの張りでママが辛くないようミルクセーブブレンドを飲む量を増やしていくのがおすすめです。
「哺乳瓶を嫌がる」という声を聞くこともありますが、月齢が5~6ヶ月以上の場合はベビーマグやストローなど哺乳瓶以外でチャレンジしてみることもおすすめです。またママがあげると嫌がるけれど、保育士さんがあげると飲むということもあるようです。パートナーなど周りの方と協力して進めてみてくださいね。

卒乳のメリット・デメリット

メリット
☑ママの予定管理がしやすくなる。
☑ママの体の負担が減る。
☑離乳食が進めやすくなる。
デメリット
☑授乳によるスキンシップの時間がなくなる。
☑赤ちゃんのストレスになりえる。
☑おっぱいのトラブルリスクがある。

AMOMAスタッフの体験談

復職した後も授乳を続けました(スタッフ忠地の場合)

●授乳を継続しながら復職を決めた理由を教えてください。
ミルクセーブブレンドを知っていたので、「授乳継続しながら復職もできるはず、きっと大丈夫!」と思っていたので、継続を選びました。また色々飲んでみることでカスタマーサポートチームとしてお客様のお悩みや飲み方のアドバイスにいかしていきたいとも思っていました。

●復職の時大変なことはありましたか?
もっと早く準備すれば良かったです。ならし保育の前日まで今まで通り授乳をしていたので、最初の数日は離れている間ズキズキとおっぱいが痛かったです。私の場合、慣らし保育の期間が長く徐々に徐々に自分の体を慣れさせていくことができましたが、もし短い場合は、少し早めに授乳のリズムを保育園に合わせて調整したほうが良いかもしれません。

●お子さんの様子はどうでしたか?
日中は全然泣かずにいたようですが、夜になると「おっぱい~!」とおっぱいから離れないようになりました。保育園で頑張っている分、おっぱいで安心していたみたいです。私も久しぶりの仕事で疲れていたので、授乳の時間はお互いにリラックスできる幸せな時間になっていました。

復職までに卒乳しました!(スタッフ行武の場合)

●卒乳を決めた理由を教えてください。
保育園の入園が決まって、保育園から「ミルク・哺乳瓶に慣れさせてください」と言われたためです。試しに哺乳瓶で飲ませてみたところ全く飲んでくれず、慣れさせるなら、この際卒乳してしまおうと思いました。

●卒乳の時大変なことはありましたか?
なかなかミルクを飲んでくれなかったのは大変でした。いろんな哺乳瓶とミルクを買いあさって好きな組み合わせを探しました。また母乳過多の方だったので、日中の授乳をやめだしたときからTシャツに跡がつくくらいびちゃびちゃになって大変でした。その当時はAMOMA入社前で、ミルクセーブブレンドを知らなかったのですが、もし知っていたら飲んでみたかったです。

●工夫してうまくいったことは?
子どもには卒乳を連想させる言葉や声かけを1週間以上前から伝えてました。(声かけは「もうすぐおっぱいバイバイだよー」「おっぱいないないだよー」「おいしいごはんとミルクが最高だよー」などです)夜寝る時は「みんなおっぱいのんでたよ」「あなたがだいすき」などの絵本を読み聞かせて寝せてました。

AMOMAスタッフの体験談

復職後も授乳を続けたいけど、乳腺炎が怖い!そんな時どうしてた?
乳腺炎を経験したことがある鈴木とカスタマーサポートを担当している忠地に、復帰までのエピソードと準備したほうが良いものを聞いてみました。
詳しい内容は下記の画像をタップしてくださいね。▼

お客様からのよくある質問をご紹介

ミルクセーブブレンドにブレンドされているハーブはどのような作用がありますか?

ミルクセーブブレンドは母乳分泌抑制効果があるセージやペパーミントをメインで配合し、トラブル対策のことも考えた全5種のハーブをブレンドしました。母乳の量をゆるやかに抑えることで、張りがでやすい時も無理に搾るなどのママの体に負担になるようなことをせずに、徐々に量を調整することができます。

ミルクセーブブレンドを飲むと母乳が止まるのですか?

お薬と違い、ハーブは穏やかに働きかけます。飲んだ途端、急に母乳が出なくなることはありませんのでご安心ください。飲み続ける中で、ちょうどいい母乳の量になりましたら、ミルクセーブブレンドを飲む量を減らすかお休みするなど、調整してください。

温かい状態で飲んでも大丈夫ですか?

問題はありませんが、身体が温まると出が良くなってしまうため常温以下でお飲みいただくことをおすすめしています。

ミルクスルーブレンドを飲んでいるのですが、併用しても大丈夫ですか?

大丈夫です。母乳過多で分泌を落ち着かせたい時は、まずミルクセーブブレンドを飲み、授乳量が落ち着いてきたらミルクスルーブレンドを。温かいと分泌が促進されてしまうので、できたらどちらも常温程度で飲むのがおすすめです。復職後も授乳を続けている方は、日中はミルクセーブブレンド、帰宅したらミルクスルーブレンドを飲むなど時間帯によって飲み分けている方もいらっしゃいます。

日中の授乳回数を減らしたいのですが、どこから減らすのがおすすめですか?

ママのおっぱいの状態を見て(いつ母乳が多いか・張りやすいか)まずはおっぱいが落ち着きやすいタイミングから減らすのがおすすめです。
また赤ちゃんの気がまぎれるタイミング(散歩や外出時)なども良いかもしれません。もっと細かい内容を相談したい!という場合は、LINEで無料相談をしています。ぜひご利用くださいね。

「ミルクセーブブレンド」の美味しいアレンジ方法はありますか?

先日AMOMAスタッフによる試飲会を行ってみました。
1番人気だったのは、
「麦茶」!
1対1で混ぜるとミルクセーブブレンドの強さが和らいで、ごくごく飲めます!

その他おすすめなのは…

無調整豆乳(セーブ:豆乳を3~4:1)
意外とおいしい!まろやか。豆乳の癖もセーブの癖もほどよく消えて豆乳苦手でも飲みやすかったです。
豆乳+はちみつ(セーブ3~4:豆乳1:はちみつ小さじ1)
美味しくまろやか。「豆乳だけで物足りない」・「甘みがほしい」時におすすめ。

ぜひ試してみてくださいね!

LINEで無料の個別相談ができます!

「授乳回数の減らし方」や「ミルクセーブブレンドの飲み方」などを個別の状況に合わせてご案内します。
「授乳ほっとLINE」のご利用は下記の画像をタップしてぜひご利用くださいね▼

クーポンコードのご案内

ミルクセーブブレンドに使える『300円OFFクーポン』をAMOMAからお贈りします。
この機会にぜひお試しくださいね。

クーポンコード:odayaka300

使用期限:2024年2月29日(木)

購入はAMOMA公式WEBサイトにてミルクセーブブレンドのページからご購入ください。
こちらのクーポンコードは商品ページには記載がございません。
お間違えのないようご利用ください。

<クーポンのご利用に関して>

※ミルクセーブブレンド1ヶ月定期・3ヶ月定期便が対象となり、AMOMA公式サイトでの注文の初回のみ有効です。

他クーポンと併用・定期便を継続中の方はご利用いただけません。ご了承ください。

<クーポンご利用方法>

①AMOMA公式WEBサイトにてミルクセーブブレンドを選択。

②「ミルクセーブブレンド」をカートに入れ、購入手続きに進む。

③「クーポン利用」の項目で、クーポンコード「odayaka300」を入力。

ご不明な点がございましたら、下記までご連絡くださいませ。
お問い合わせフォーム

・メール:customer@amoma.jp

ライタープロフィール

復職してからも授乳継続する?入園前に卒乳する?どちらの方も【早めの準備】がおすすめです。

ライタープロフィール

AMOMA STAFF安 真梨子

AMOMAにはホームページのリニューアルから参加。家では7歳の子供のママです。ちょっとお口が達者な娘に振り回されながらも充実した毎日を過ごしています。

この記事をシェア

新着記事

全ての新着

カテゴリ一覧

TOP
閉じるボタン
バナー画像