グリーンルイボス

グリーンルイボス

グリーンルイボス

  • 別名 :ルイボスグリーン
  • 学名 : Aspalanthus linearis
  • 英名 : Green rooibos
  • 科名 : マメ科
  • 部位 : 葉
  • 産地 : 南アフリカ
  • オーガニック :有機JASの有機認証取得

有機JAS

有機JASとは
日本のオーガニック認定マーク。
過去3年以上農薬や化学肥料を使っていないなどJASの有機栽培の基準を満たしたものにのみつけられます。

グリーンルイボスのはなし

グリーンルイボスは、ハニーブッシュと同じ南アフリカ共和国原産のハーブで、その生息域であるセダルバーグ山脈地域の先住民コイサン人が「奇跡のお茶」と呼ぶルイボスティーは、18世紀の後半にスウェーデンの植物学者によって欧米に紹介されて以降、健康意識の高まりと共に、欧米を中心にノンカフェインの健康茶として広がり、今では世界中で親しまれています。

一般的なルイボスはルイボスの葉を完全に発酵させて作りますが、近年、「非発酵タイプ」のルイボスが新たに開発されました。茶葉を完全に発酵させてつくる「紅茶」に対して、発酵させずに蒸すだけの「緑茶」と同じ原理です。

非発酵タイプのグリーンルイボスには、発酵させた従来ルイボスと比べてフラボノイド含有量が約10倍、さらに、ルイボスにしか含まれていないポリフェノール成分「アスパラチン」は発酵タイプの約40倍も多く含まれていることに注目が集まっています。

グリーンルイボスはまだ生産量が少なく高価なため、なかなか一般のお店では見かけませんが、AMOMAではこの非発酵タイプのオーガニックグリーンルイボスを採用しています。