pixta_12041203_M_cut
特集・その他
その他の記事

赤ちゃん連れの避難生活、衛生編~簡易おむつの作り方~

Apr 18. 2016
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

おむつが少ない、足りないとき

避難生活中は十分な枚数のおむつが用意できないことも多いですよね。また、支援物資が届くまでの間、おむつが全くないことも。枚数が足りないときは外側部分を再利用し、全くない場合は代用品をつくってしのぎましょう。

◆おむつが少ないとき

おむつの消費量を減らすため、赤ちゃんの肌に触れる部分に生理用ナプキンやタオルなどを敷き、汚れたら取り換えましょう。

オムツの中の吸収体まで汚れてしまった場合でも、吸水体を生理用ナプキンやタオルで代用すれば、外側の部分をおむつカバーとして使うことができます。

◆おむつがないとき

おむつがない場合は、レジ袋とタオルを使って簡易おむつを作ることができます。東京都が作成した「東京防災」という防災ブックより、作り方をご紹介します。

簡易おむつの作り方

1. 大きめのレジ袋を用意します。持ち手の端と両脇を切って開きます。その上に清潔なさらしやタオルなどを畳んでおきます。

2. 布の上に赤ちゃんのお尻がくるように寝かせ、上側になった持ち手部分を赤ちゃんのお腹の前で結びます。

3. 下側の持ち手部分をT字帯の要領でお尻からお腹の前に入れ込みます。

4. 余った部分を下に折り返します。余った部分が外れやすい場合は結んでしまっても良いでしょう。

もしペットシートなどが余っている場合は、それをおむつ代わりとしてお腹に直接巻いたり、生理用ナプキンやさらし、タオルの代わりに中に敷いて使うこともできます。

また、「東京防災」という防災ブックは、現在ibook、kindle、PDFにて無料配布されています。少々容量が重いですが、ほかにも役に立つ情報が載っていますので、ご覧ください。
参照:東京都防災ホームページ

おむつかぶれを防ぐには?なってしまったら?

避難生活はこまめにおむつを取り替えられず、どうしてもおむつかぶれになってしまいやすい状況です。おむつかぶれを防ぐため、また、なってしまった場合は症状を軽減するために以下の方法でケアしてあげてください。

1. ティッシュペーパーや使い捨てができる布をぬらしてうんちをふき取ります。

2. ペットボトルに入れたお湯(なければ人肌に温めた水)で、おしりを洗います。

3. 石けんがあれば1日1回は最初に石けん水で洗い、次にお湯で洗い流します。(1日に 1 回で十分です)

4. 乾いた布などを押し当てて水分を取ったのち、よく乾燥させてからおむつをあてます。

おむつかぶれ防止、症状軽減のためには、できるだけよく乾燥させ、ぬれた状態でオムツをしないことがポイントです。

お風呂に入れられない、お尻ふきがないとき

避難生活中は水が本当に貴重。そんな中では、お風呂に入れてあげることもなかなかできないのではないでしょうか。

そんなときのために少量のお湯で、皮膚をきれいにする方法をご紹介します。
お湯でしぼったタオルで汚れを取り除き、乾いたタオルで水分をふき取ります。タオルがないときはティッシュペーパーでもOKです。

ふく順番は、顔→手→胴体(胸・おなか)→背中→足→おしり周辺。衛生上、この順番でふくように気をつけてくださいね。

石けんがある場合は、手で泡立ててつけて、石けん分が残らないように濡れタオルで何回かふきましょう。
お湯に余裕があれば、外陰部は洗い流してあげましょう。タオルに余裕があるようなら、最後に乾いたタオルでもう一度ふいてあげてください。

また、赤ちゃんのごはんに関する情報「赤ちゃん連れの避難生活、食事編~ミルクや離乳食がないとき~」もあわせてお役立てください。

避難生活中のみなさまへ

赤ちゃんがいると、ただでさえお世話でとっても大変かと思います。

そのうえ「周りに迷惑をかけないように」と考えて、ママたちはストレスをためこみがちです。どうか無理をしたり、頑張りすぎたりしないようにしてくださいね。

もし余裕があれば、ちょっと外に出て深呼吸したり、体を動かしてみたりしてみるのも良いかもしれません。少しでもママの気持ちが軽くなりますように…。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事