たんぽぽコーヒーメイン画像
特集・その他
その他の記事

妊活中から母乳育児まで!女性に嬉しいたんぽぽコーヒーの効果・効能

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

春になると道端を鮮やかな黄色に染めているたんぽぽ。英語ではタンデライオン、中国語では蒲公英(ホコエ)と呼ばれ、世界中で親しまれている身近な草花です。そのたんぽぽの根には、妊活中、妊娠中や授乳中の女性をサポートする成分がたっぷり含まれているのをご存知でしたか?


たんぽぽコーヒーとは

たんぽぽ画像
たんぽぽの根は、西洋では薬用ハーブ、中国では漢方薬として昔から利用されていました。たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根を香ばしく焙煎しコーヒーのような風味を引き出した飲み物で、たんぽぽ茶と呼ばれている場合もあります。

コーヒーと名がついていますが、コーヒー豆を使っていないのでもちろんノンカフェイン。妊娠中や授乳中、さらにはお子様でも安心して飲むことができます。

●たんぽぽコーヒーの選び方

たんぽぽコーヒーの材料となるたんぽぽの根は、ほとんどが中国産です。価格などにとらわれず、無農薬であることはもちろん、品質管理のしっかりした信頼できるメーカーから購入しましょう。たんぽぽの根以外の材料を使っている商品もありますので、購入の際は原材料にも注意してくださいね。

妊活中の女性に嬉しいたんぽぽコーヒーの効果

基礎体温画像

●ホルモンバランスを整える

たんぽぽコーヒーに含まれる成分が女性ホルモンのバランスを整え、卵巣機能を活性化する効果があることが分かってきました。最近では、妊活中の女性の間でたんぽぽコーヒーを積極的に飲む方が増えているそう。女性だけでなく男性にも同じように効果が期待できます。

たんぽぽコーヒーが妊娠中の悩みを解決?

●冷え性を改善

たんぽぽコーヒー妊娠中
ゴボウやショウガのような根菜を思い浮かべてもらうと分かりやすいと思いますが、土の中で育つ植物は身体を温める効果があります。たんぽぽの根も土の中で育ちますので、血の巡りを良くして冷えを改善してくれます。ホットで飲めば、身体がぽかぽか温まりますよ。

●むくみ、便秘を改善

妊婦さんむくみ
たんぽぽはフランス語で「ピサンリ=おねしょ」と呼ばれています。昔から利尿作用が認められていたんですね。その強い利尿作用のおかげで身体から老廃物がどんどん排出され、妊娠中に多くの女性が悩んでいるむくみや便秘の解消をサポートしてくれるのです。

授乳中のママにも優しいたんぽぽコーヒー

●母乳の質が良くなる

母乳育児中の飲み物

子供の頃、たんぽぽの茎や根を折ると乳白色の汁が出てきたのを覚えていますか?この白い液体に母乳の分泌を促進してくれる「タラクサシン」が含まれています。
「コリン」は血液中の脂肪やコレステロールを調整し、血液をさらさらにしてくれます。さらに鉄分やビタミン・ミネラルも含まれているので、たんぽぽコーヒーを飲むだけで母乳の質まで向上させてくれるのです。

●母乳の出をさらに良くするには

授乳中
たんぽぽコーヒーの効果よりもさらに母乳の出をよくしたい場合は、それ専用にブレンドされたハーブティーを飲んでみましょう。もちろんそのブレンドされたハーブの中には、たんぽぽも含まれていることが多いので、成分もチェックしてみてくださいね。

また、母乳の出を促すハーブティーは色々ありますが、原材料の品質にも注目してみてくださいね。ママの血液がそのまま母乳になるので、赤ちゃんのためにもハーブティーはオーガニックで安全なものを選びましょう。

関連記事:「母乳の味は食べ物で変わる?美味しい母乳とは?」

たんぽぽコーヒーの美味しい飲み方

たんぽぽコーヒー

身体を温め血の巡りを良くするためには、ホットで飲むのが一番です。そのまま飲んで香ばしい味わいを楽しむのも良いですが、豆乳やはちみつを加えてカフェラテのようにして飲むのもおすすめです。

コーヒーの代わりにたんぽぽコーヒーを飲んでいるものの、「ちょっと物足りない」と感じる方にはドリップをおすすめします。普通のコーヒーのようにフィルターを使ってゆっくりドリップして淹れれば、よりコーヒーに近い深い味わいが出てきますよ。試してみてくださいね。

編集部おすすめ

カフェインを控えたい方に

ノンカフェインでも香ばしいコーヒー風味を楽しめます。無農薬栽培のタンポポの根を使用し、日本国内で焙煎しています。

 
banner_2
Fumiko Shibuya
Mama writer

2015年5月生まれの男の子を育児中の三十路ママです。天然でのんびり屋の父ちゃんと、プクプク泣き虫マンの3人家族。食事もお買い物もゆっくりできないけれど、赤ちゃんに振り回される毎日も悪くないと思っています♪

あわせて読みたいおすすめの記事