妊活・不妊
運動・生活

【助産師監修】不妊治療は専門クリニックがおすすめ?

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

不妊治療をスタートする際には、病院選びが大切なポイントの一つとなります。

一般的な不妊治療は不妊外来のある病院や不妊治療専門クリニックで行われていますが、病院の種類により受けられる治療の内容は異なります。

今回は不妊治療専門クリニックと不妊外来のある病院の違いや選び方についてご紹介します。

不妊治療が受けられる病院の種類

不妊治療が受けられる病院は、3種類に分けられます。それぞれの特徴を追って見ていきましょう。

不妊治療専門クリニック

体外受精顕微授精などの高度治療まで受けられることがメリットです。不妊に関する豊富な症例に基づいた専門的な技術や実績が期待できます。

また、基本的に不妊治療の患者のみ受け入れる病院なので、産婦人科や総合病院のように妊婦さんや赤ちゃんに出会うことはありません。

カウンセラーなどの専門家がいる場合もあるため、メンタル面でも頼りになることでしょう。

デメリットとしては、人気のクリニックでは待ち時間が長くなりがちで、治療内容が自由診療であることが多いため金銭的負担が大きくなる可能性があります。

また、妊娠してからは出産のために新たに病院探しをする必要があります。

産婦人科の不妊外来

不妊外来のある産婦人科でも不妊治療は受けられます。自宅や職場の近くで見つかりやすい、妊娠した場合に出産までみてもらえて安心というメリットがあります。

しかし一方で、妊婦さんや赤ちゃんと同じ待合室で過ごすことになるのでストレスを感じることもあるかもしれません。

また、体外受精などの高度治療を受けるために専門クリニックへ転院が必要になる場合があることを心得ておかなければなりません。

総合病院・大学病院の不妊外来

各都道府県に必ずある総合病院や大学病院は、最新設備など医療設備が充実していることが強みです。

産科があれば出産もでき、また他科と連携ができるため内分泌疾患やが婦人科疾患、心臓病などの合併症を持つ方にとっては安心です。

待ち時間が長くなりがち、個人医に比べ診療時間が限られており短め、担当医が毎回変わる可能性があることなどがデメリットと言えます。

担当医に関しては曜日や主治医を固定する方法もあるので病院の外来で確認してみましょう。

不妊治療専門クリニックと不妊外来の違い

不妊治療専門クリニックと産婦人科や総合病院、大学病院の不妊外来は、検査を受けるだけであればどの病院を選んでも大きな差はありません。

また、タイミング法人工授精、排卵誘発剤の利用といった一般的な治療もどの病院でも受けられます。大きな違いは、体外受精や顕微授精といった高度な生殖補助医療が受けられるかどうかです。

不妊治療専門クリニックは多くの症例、経験を持ち、周期に合わせて綿密な治療計画を立てた上で必要に応じて体外受精などの高度な治療を行います。

高度な治療まで視野に入れている場合は、特に慎重に病院選びをする必要があるでしょう。

自分に合った病院を選ぶには?

不妊治療をスタートしようとする時に、一般的な治療だけで妊娠が可能なのか、高度な治療が必要なのかどうかは、治療を進めてみなければ分からないことが多いです。

また、実際の治療の進め方は病院や医師の考え方により様々です。

目安として、生理不順のある人や、たびたび腹痛の起こる人、婦人科系の既往歴がある人は専門医による診察を受け、まずは今後の見通しを立てるようにしましょう。

また35才以上の人は、年齢的なリミットを考えると積極的治療を視野に入れる必要があるため、はじめから不妊治療専門クリニックを選ぶことが時間に無駄のない選択だと言えるでしょう。

不妊治療は通院期間が長くなることが多く、通院のしやすさや自分と医師、スタッフとの相性も重要になります。

未受診の人でも参加できる治療についての勉強会などを開催している施設も増えてきているので、事前に参加をしてみると雰囲気が把握できます。

治療法を選択する上でしっかり相談に乗ってもらえ、納得のいく治療を受けられる病院を選ぶようにしましょう。


不妊治療が受けられる病院についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

病院探しの際は、「すぐ近くの病院だから」というだけで選ぶのではなく、しっかり相談ができ、自分に合った治療法を選択できる病院かどうかを確認してみましょう。

関連する記事
【助産師監修】AMH検査とは?卵巣年齢検査でわかるAMHの数値や妊娠の確率について
助産師が教える!男性の精子検査とは?妊活中に受ける男性の検査。

編集部おすすめ

妊娠を望む全ての女性に

妊活ブレンド

女性特有の冷えや周期の乱れをサポートする妊活専用ハーブティー。朝食習慣や、仕事中のリラックスタイムにもオススメです。

編集部おすすめ

冷えが気になる妊娠準備中の女性に

ウーマンズオイル

「妊娠準備中の女性特有の悩みをサポートすること」、「マッサージすることで温まる」という2つのことにこだわり厳選した5種の精油を配合しています。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事