妊娠・出産
体の悩み

【助産師監修】妊娠34週目(妊娠9ヶ月)のママと赤ちゃんの様子

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

妊娠34週目は妊娠9ヶ月の3週目にあたります。いよいよお産が近づいてきました。赤ちゃんも誕生に向けて着々と準備をしていますよ。

今回は妊娠34週目のママと赤ちゃんの様子をご紹介します。

妊娠34週目(妊娠9ヶ月)のママのからだの様子

疲れやすくなる

少し動いただけで疲れやすかったり、息が上がってしまうことはありませんか?これは大きくなったお腹が肺や心臓を圧迫しているため。

他にも胃もたれや胃痛、不眠、頻尿、便秘腰痛などの症状に悩む人も多くなります。出産が近くなると赤ちゃんが下におりてくるため、圧迫感がなくなりこれらの不快症状がやわらぎます。

症状に不安を感じる場合は、主治医に相談してみましょう。

お腹の張りを多く感じるようになる

お腹の張りも多く感じるようになってくるころです。張りを感じたら、少し横になって休むように心がけましょう。

それでもなかなか治らなかったり、痛みが増してくる、規則的に張るような時は出産の兆候かもしれません。早めに受診するようにしましょう。

妊娠34週目(妊娠9ヶ月)の赤ちゃんの様子


このころの赤ちゃんは身長約47cm、体重約2500gほどにまで成長しています。シワのあった皮膚は皮下脂肪がついてふっくらとした体型になりました。

赤ちゃんはお産の時のエネルギーにするために皮下脂肪を蓄えているといわれています。肺機能、体温調節機能はまだ未熟ですが、他の機能はほぼ完成しています。

また、指を吸って母乳を吸う練習をしていたり、多くの赤ちゃんは頭を下にした格好でいるようになり、誕生に向け着々と準備をすすめています。

妊娠34週目(妊娠9ヶ月)の過ごし方

ゆっくりした動きを心がけて

大きなお腹で少しの動きでも疲れやすい時期です。また、お腹も張りやすいため、激しい動きは避け、ひとつひとつの動作はゆっくりと行うようにしましょう。

しかし、運動不足は血行不良を招き様々なマイナートラブルの原因に。軽い家事や近所への買い物などは運動不足の解消になります。無理のないようからだを動かすことを心がけてください。

働いているママは34週から産休へ

働いているママは出産予定日の6週間前である34週から産前休暇に入ります。今まで頑張ってきた分、ゆっくりマタニティライフを楽しんでくださいね。

赤ちゃんが生まれてから保育園に預ける予定のあるママは、見学など余裕を持って保育園探しを済ませておきましょう。

呼吸法の練習をしておく

お産が近づいてきましたので、お産の準備として陣痛を乗り切る呼吸法の練習をしておくと良いでしょう。呼吸法にはラマーズ法やソフロロジー式など様々な方法があります。

産院で取り入れている方法はどのようなものなのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

いずれも呼吸に集中することで痛みやいきみを逃すことができ、また赤ちゃんに十分な酸素を送るために重要なことなので深呼吸はしっかりと練習しておきましょう。

股関節を柔らかくしておく

お産の準備としてもう一つ、赤ちゃんがおりて来やすくなるように股関節まわりの筋肉を柔らかくしておくのもおすすめです。

<股関節を柔らかくするポーズ>
①あぐらをかくようにして足裏を合わせる
②左右のひざの上に手を置き、ゆっくり押して股関節をゆるめる
(ひざが床につかなくてもOK)

パパと二人の時間をゆっくりと楽しむ

夫婦ふたりだけの生活もあと少しとなりました。近場で二人だけの楽しい時間を過ごしましょう。

レストランで食事をしながら、これからどのような子育てをしていきたいか、楽しく話し合ってみるのも良いですね。


いかがでしたでしょうか。

マタニティライフもあとひと月余りとなりました。今までやれていなかったことをあれこれやりたくなることもあるかもしれませんが、無理はしないようにしてくださいね。

焦らず余裕をもって、ゆったりとした日々を過ごしてください。

関連する記事
【助産師監修】妊娠後期のむくみの原因と解消法5つ
【助産師監修】産休中の過ごし方。出産までと出産後の時間について。

編集部おすすめ

妊娠8ヶ月から始める出産準備

ラズベリーリーフティー

スムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。出産から産後の戻りまでをサポートしてくれます。

編集部おすすめ

ec-maternity_b01

妊娠中の栄養が気になる妊婦さんに

マタニティブレンド

妊娠中の栄養補給とマイナートラブルに。妊婦さんにも安心なノンカフェインハーブティー。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事