安産祈願の帯解寺
妊娠・出産
出産準備

話題の安産祈願スポット「帯解寺」を訪ねてみました。

Dec 04. 2015
この記事に
いいね!

この記事を
シェア

AMOMAよみものではこれまで様々な記事を取り上げてきましたが、初の「旅」シリーズを読者の皆様にお届けしたいと思います。

妊活中、妊娠中のママさん、そのご家族のみなさんには、子授け祈願や安産祈願、戌の日のお参りなど、妊娠出産にまつわる神社仏閣はわりと身近な存在ですよね。

今回は、知る人ぞ知る安産祈願スポット「帯解寺」をご紹介します。

古都・奈良の安産祈願スポット「帯解寺」

奈良県の帯解寺

古都・奈良。奈良といえば世界遺産クラスの東大寺や興福寺など大きいお寺も多いですが、奈良市内には知る人ぞ知る歴史あるお寺も数多く点在しています。その中でも有名なのが、「帯解(おびとけ)寺」。

JR桜井線帯解駅から程近く、狭い路地の住宅街の中にひっそりと佇んでいます。安産・子授けにご利益がある日本最古のお寺として、皇族方や江戸の将軍家からの信仰も厚い、由緒あるお寺なのです。

安産・子授けにご利益

帯解寺の手水鉢

●帯解寺の由緒は?

華厳宗の古寺で俗に帯解地蔵と呼ばれています。平安前期、文徳天皇の皇后藤原明子が懐胎された際、祈願して清和天皇を安産されたことから帯解寺の名がついたと伝えられています。最近では美智子皇后、秋篠宮紀子妃殿下にも岩田帯を献納しています。全国から多くの人が安産祈願に訪れています。

出典:奈良市観光協会ホームページ

門をくぐると、左手には手水鉢が。寛文3年(1663年)に将軍・家綱公から寄進されたものだそうです。歴史を感じます。お寺の境内は本堂まですぐとそんなに広くはないのですが、手入れも行き届いていて、やわらかな、やさしいオーラに包まれていました。

帯解寺のお守り授け処

本堂右手にはお守りお授け所があり、腹帯も販売しているのは帯解寺ならではの光景。

時代が移り変わっても変わらない、安産を願うこころ

 
時代が何千年、何百年移り変わろうとも、

「子どもが授かりますように」
「無事に産まれてきますように」
「健やかに育ちますように」

というママさん、パパさん達の思いは変わることがありません。
スタッフも長女の安産御礼と、これからの健やかな成長を家族みんなでお祈りしてきました。

帯解寺の千羽鶴

一羽一羽、願いを込めて折られた千羽鶴。願いが叶いますように。

帯解寺では、戌の日の安産祈願、子宝を授かりたい方への求子祈願、お子様のすこやかな成長を祈る子育祈祷等も受け付けているようです。まさにAMOMAよみもの読者様に優しいお寺です。

日本全国にはここ「帯解寺」のほかにもこのような安産祈願の神社やお寺が数多くあります。皆様もお散歩がてらお近くの安産スポットに行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事:「安産の秘訣!安産妊婦さんの特徴と安産のためにできること」

●子安山 帯解寺

〒630-8444 奈良県奈良市今市町734 
0742-61-3861
http://www.obitokedera.or.jp/

※戌の日とは・・妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に腹帯(岩田帯)を巻いて安産祈願する日本ならではの風習。犬は多産なのにお産が軽いことにあやかっているそう。

編集部おすすめ

安産を願う妊婦さんのお守りティー

ラズベリーリーフティー

安産とスムーズな出産を願う妊婦さんの、出産準備ハーブティー。妊娠8ヶ月目からのお守りとして愛用されてきました。

編集部おすすめ

緊張しがちな分娩時のお守りに

バースサポート

早く我が子に会いたいと願う妊婦さんをサポートする出産アロマ。マタニティアロマセラピストと共同開発。4種の精油が、緊張で固くなった心をほぐしてくれます。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事