産後・育児
赤ちゃんの心と体

【助産師監修】ニューボーンフォトとは?撮影方法や人気の秘密について

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

近年人気の高まっているニューボーンフォト。生まれて間もない赤ちゃんの姿を記念に撮影してもらいたいと思う方も多いのではないでしょうか。

今回はニューボーンフォトについて、人気の秘密、撮影方法、注意点をご紹介します。

ニューボーンフォトの人気の秘密

SNSの流行

生後2〜3週間ごろまでの生まれて間もない赤ちゃんをプロに撮影してもらう「ニューボーンフォト」。

元々、欧米やオーストラリアでは行われていましたが、近年日本でも人気が高まっています。

ニューボーンフォトの人気は近年のSNSの流行が背景にあることが大きいと考えられます。

それだけでなく、赤ちゃんが生まれて来てくれた喜びを、家族の一生の記念として素敵に残したいというたくさんの人達の思いが表れているように思います。

ママの自己肯定感を高めるきっかけに

また、産後は妊娠中に増えた女性ホルモンが急速に減るなどホルモンバランスが大きく変化し、精神的に不安定になりやすくマタニティブルーに悩まされることが多い時期でもあります。

心身共に大変な時期をニューボーンフォトのおかげで乗り越えることができた、と育児中のママの自己肯定感を高めるきっかけになるともいわれているようです。

ニューボーンフォトの撮影方法は?

専門の写真スタジオで撮影

欧米やオーストラリアなどでは、ニューボーンフォト専門の写真スタジオがあり、出産を終え退院したらそのままスタジオに出向き撮影を済ませ、その後自宅に戻る家族もいるそうです。

プロのカメラマンによる自宅での撮影

日本では産後1ヶ月までは赤ちゃんを外に連れ出さず、ママも産後の肥立ちを重視して赤ちゃんのお世話以外は身体を休めながら自宅で過ごす習慣があります。

そのため、プロのカメラマンに自宅に来てもらい撮影してもらうなど、ニューボーンフォト用のサービスを利用することが日本では一般的になっているようです。

自宅でセルフ撮影

近頃では書籍などで自分でニューボーンフォトを撮影する方法も多数紹介されています。

プロが撮る写真はとても綺麗でおしゃれな作品がたくさんありますよね。しかし、ちょっと工夫すれば自分でも写真を撮る事ができます。

ちょうどいい自然光のもとで、薄い色のシーツなどの上に赤ちゃんを寝かせて、かわいらしい撮影小物を添えると雰囲気のよい写真になるようです。

この時期にしか見られない小さな手足や新生児微笑などはぜひ残しておきたいところです。赤ちゃんがぐっすり眠っている時などに、試してみてはいかがでしょうか。

※ただし、セルフ撮影の場合は1人での撮影は避け、無理なポーズをさせることは非常に危険なので注意しましょう。

ニューボーンフォトの注意点は?

ナチュラルなポーズで撮影

公開されているニューボーンフォトの作品の中には赤ちゃんがうつぶせになっているものもあります。かわいらしいポーズを真似てやってみようかなと思う方も多いと思います。

しかし、この時期の赤ちゃんは首もすわっておらず、寝返りができません。うつぶせのポーズをとらせると布団に埋もれ口や鼻がふさがり窒息の危険性があるため、十分な注意が必要です。

うつぶせだけでなく、赤ちゃんに無理なポーズをとらせることは非常に危険です。赤ちゃんのナチュラルなポーズを撮影するよう心がけましょう。

看護師か助産師が同行してくれるところだと安心ですね。

SNSへの投稿には十分配慮する

ニューボーンフォトに限らず子どもの写真をSNSにアップする場合は十分な配慮を。インターネットで子どもの写真を公開するというのは不特定多数の人の目に触れるということです。

世の中には幼い子を性的な目で見る人がおり、児童ポルノサイトなどで悪用されるという事例もあります。

ネットリテラシーを身につけ、不用意に我が子を危険にさらすようなことはしないようにしましょう。

(ネットリテラシー:インターネットを正しく使いこなすための知識や能力。)


いかがでしたでしょうか。ニューボーンフォトは家族の一生の宝物になるのはもちろんのこと、育児中のママの精神的な助けにもなります。

そして素敵な写真にするためには、赤ちゃんやママに負担のないよう撮影することが大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連する記事
【助産師監修】新生児・赤ちゃんの正しい授乳姿勢や抱き方のコツ
【助産師監修】マタニティフォトとは?撮影方法や料金について

編集部おすすめ

ミルクアップブレンド

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママに。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

編集部おすすめ

産後の心の変化に

産後ヒーリング

産後のママは、妊娠前は想像もしなかった大きな心の変化で感情がコントロールできないことも。そんな産後ママの心を、ブレンドされた3つの精油がそっとサポートします。

Mayumi Maruyama
Mama writer

2013年生まれの男の子と、2016年生まれの女の子の母です。バタバタの毎日ですが、お父さんに助けられながら、家族4人で楽しく賑やかに暮らしています。お気に入りのカップでハーブティーを飲むのが、心安らぐひとときです。

【監修】浅井 貴子あさい たかこ
助産師

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事