添い乳グラフ
産後・育児
赤ちゃんの心と体

<150人に聞きました!>みんなの寝かしつけ事情~1位は添い乳~

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

みなさんはどうやって寝かしつけをしていますか?

気になるママたちの寝かしつけ事情を、AMOMAでアンケートしました。ご回答頂いたみなさん、誠にありがとうございます!

ダントツ1位は添い乳!

なんと57%のママが、添い乳で寝かしつけをしていました。
起き上がっておっぱいをあげているママと合わせると、おっぱいでの寝かしつけが7割を占めました。

添い乳グラフ600

◆添い乳派の意見

「ぐずっても添い乳するとすぐ寝てくれる。添い乳楽すぎてやめられない。」(A.K)

「上の子は2歳まで寝る時添い乳でした!下の子も添い乳しています。」(T.S)

「添い乳を知るまでは抱っこで寝かしつけていましたが、背中スイッチで布団におろす度に起きるし、大変でした。」(T.H)

「時々は添い乳で腰が痛くなったりもしますが、比較的虚弱な私には、添い乳は必須です。小児科ドクターに中耳炎や虫歯のリスクを確認しましたが、そこまで心配しないで、赤ちゃんが安心できてママの負担も少ない添い乳を続けても良いと言っていただきました。ひとまず安心して夜の添い乳と、不調時の昼の添い乳を続けています。」(A.M)

◆やめたいけどやめられないという意見も

「添い乳のせいか、最近夜中頻繁に起きる。他の方法で寝かしつけようとしたけど、1時間ギャン泣きされて諦めました…」(S.K)

「生後6ヶ月になるのに、いまだに夜は2時間おきに泣きます。寝不足なのと体勢がキツイので、添い乳やめようか検討中。でもマンションだし、泣き続けられたら心が折れそう…。」(M.M)

夜中に何度も起きるのが辛いというママもいますが、添い乳だとすぐ寝てくれるし楽!と、添い乳が多数派のようです。他の寝かしつけでは絶対寝ない、卒乳まで卒乳を続けるという声も多く聞かれました。

おっぱい強し!2位もやっぱりおっぱい!

授乳

◆起き上がって授乳派の意見

「添い乳で寝かしつけると卒乳が大変だと聞いて」(W.Y)

「添い乳したいけどうまくできない」(S.S)

「添い乳良くないって聞いたことがあるから全然しないできたけど、たまにどうしようもなく眠い時に添い乳試してみると全然おっぱいくわえてくれない。抱っこであげるのしんどくなってきた。」(S.R)

起き上がって授乳する派は、添い乳が良くないと聞いてしない場合や、理由があって添い乳できないママが多いようです。

添い寝

母親と昼寝する赤ちゃん

◆添い寝派の意見

「生後7ヶ月で完全ミに切り替えたので、添い乳もやめました。娘は私の耳を触ると安心するみたいで、耳を触っているとすぐ寝てくれます。1歳をすぎて抱っこが辛くなったので添い寝をしていますが、私の顔や髪を触りながら、気づいたら寝ています(笑)」(O.H)

「寝る前にお気に入りのブランケットをさわさわしていると、自然と寝ます。」(T.T)

「今1歳ですが、私が隣にいると寝るようになりました。」(I.H)

おっぱい以外に安眠グッズを見つけてくれると楽でいいですね。2人目、3人目のママになると、「放っておいたら自然に寝てる」という声も聞かれました。

抱っこ

安心している赤ちゃん

◆抱っこ派の意見

「19時頃には眠そうにするので、暗くしておいた寝室に移動して、抱っこでゆらゆらして寝かしつけます。着地に失敗して起きた時も、粘り強くゆらゆらを続けます。」(U.S)

「立って抱っこでないと寝ない…寝るまで2時間抱っことか普通」(S.S)

抱っこは背中スイッチが怖いという意見多数。大きくなってくると肩こりや体への負担もキツイという意見が多かったです。

トントン

眠る母親と赤ちゃん

◆トントン派の意見

「空腹でなければ、背中やお尻をトントンしたり、30分位背中をさすってあげると寝てくれます。」(M.Y)

「手を握ってトントン→背中さすさすでコテンです!」(Y.A)

トントンは、背中をさすってあげたり、子守唄を歌ってあげたり、合わせ技で使用しているママが多いみたいですね。逆に、トントンだとテンションが上がって寝ないという意見や、腕が疲れるからしないという意見も。


いかがでしたか?みんなが普段どんな風に寝かしつけしているかが伝わったでしょうか?あらためて聞いてみるととても興味深いですね。これからも色々なことを聞いてみたいと思います。

編集部おすすめ

赤ちゃんの夜泣きに

ベビースリープ

赤ちゃんの夜泣きや寝ぐずりに。赤ちゃん専用のブレンド精油で毎日のおやすみをサポート。

 
banner_2
AMOMA編集部

妊活中~産後の育児期は、かけがえのない喜ばしい時間であるとともに、時には不安や心配の方が多くなることもあります。"AMOMAよみもの"を通して少しでもその不安や心配を解決し、笑顔で過ごすお手伝いができればと願っています。

あわせて読みたいおすすめの記事