母乳に良い食事720
授乳
母乳不足

助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方

この記事に
いいね!

この記事を
シェア

今回は以前の記事「母乳が出ない!?助産師直伝~母乳量を増やす7つの方法~」の、母乳に良い食事の部分について、もっと詳しくご紹介します。

母乳は血液から作られる

母乳育児

母乳は血液から作られますので、まず第一は血液の量を増やすことと、血液の質を良くすることが重要になってきます。私は長年、助産師として育児相談や新生児訪問をしていますが、最近の母乳育児中のママさんは水分をあまり摂らない人が増えてきているような気がします。

「朝は何を食べましたか?」というと「菓子パン一つ」「ご飯と納豆」とか言われます。確かに赤ちゃんを産んで夜中も授乳やオムツ交換があったりと、なかなか食事の用意もままなりませんが、食事には水分が多い献立を意識しましょう。

野菜ジュース600

<朝食>

  • バナナと豆乳や野菜ジュースを飲む
  • 冷凍焼きおにぎりをお茶漬けにする
  • 冷凍ピラフに牛乳をかけてリゾットにする
  • ロールパンとカップスープ、みかん、いちごなど果物を食べる

<昼食>

  • 鍋の残りに冷凍うどんやお肉をいれて鍋焼きうどんにする
  • 朝ご飯の残りで雑炊をつくる
  • 市販の具沢山のけんちんうどんを食べる
  • レトルトスープにショットパスタを入れて、スープパスタを作る

<夕食>

  • ポトフを食べる
  • きりたんぽ、寄せ鍋、常夜鍋にする(ほうれん草と豚肉の水炊きなど)
  • ロールキャベツをつくる
  • シチューにする

水分の摂り方を見直す

ハーブティー600

母乳の出が悪い人に水分を飲んでいますか?と質問をすると「ミネラルウオーターや麦茶を飲んでいます」と言います。ノンカロリーのものだけでなく、栄養がある温かい飲み物のほうが胃腸に優しく母乳の出はよくなります。胃腸と母乳の経絡はつながっていますので、胃腸が冷えると出にくくなると言われているのはそのためです。

◆おすすめの飲み物

青汁や甘酒もおすすめですが、飲みづらい場合は手軽に飲めるハーブティーをおすすめします。フェンネルやフェヌグリークなど、ヨーロッパや中国で伝統的に親しまれてきた母乳サポートハーブが入っているものを飲むと良いでしょう。

茶葉に農薬が付着しているとカップに広がってしまうため、オーガニックかどうかも確認しましょう。

鉄分、たんぱく質、カルシウムを摂る

青菜600

授乳期栄養所要量は2500キロカロリー、たんぱく質80g、鉄20mgが記されています。これはアスリート並の食事と同じなのです。育児労働と授乳はまさに運動選手並という事になります。特に出産時に出血が多く、妊娠中から貧血の人は注意しなければなりません。

◆おすすめの食材

肉、レバー、牡蠣、あさり、ほうれん草や小松菜、卵や牛乳も摂りすぎなければアレルギーの心配は不要です。卵1個、牛乳も1~2杯は摂取しましょう。食事で摂りにくい時はサプリなどもありますが、あまり栄養補助品に頼らずなるべく食事で摂取する習慣をつけると、離乳食作りにも役立つでしょう。

また青菜を沢山食べると乳質がよくなり、さらっとした詰まりにくい母乳になります。

滋養のあるものを食べる

わかめスープ600

最近は高齢出産が増えて、授乳期に関節の節々がコキコキ鳴ったり、肌の乾燥やぱさつきを訴える人が増えてきています。母乳にはコラーゲンも含まれるので、授乳期は一時的ではありますが、更年期~老年期の様な身体になります。

◆コラーゲンが大切

韓国の産後ケアセンターでは、毎食鳥のがらで摂ったスープにわかめやねぎが沢山入った「ワカメスープ」が毎食出されます。中国では「サムゲタン」、日本でも昔は「鯉こく」といって鯉のスープのようなものを食べていました。動物の関節や皮などに入っているコラーゲンがとても重要になります。

また手羽元やカレイなどの煮付けやえんがわにある、にこごりなどにもコラーゲンが入っています。意識して動物の髄から出る滋養も大切な栄養源になります。


このように出産後の食事で、母乳育児も大きく変わってきます。自身のライフスタイルや好みを考えながらスムーズな母乳育児に取り組んでいきましょう。

関連記事:「母乳不足に悩まない!よく出る母乳には秘密があった?」

編集部おすすめ

母乳で育てたいと願うママのために

ミルクアップブレンド

母乳不足が気になるママの水分補給に。英国ハーバリストと妊産婦ケアの専門家が共同で開発した、母乳育児サポートハーブティー。

 
banner_2
浅井 貴子あさい たかこ
母乳育児 ガイド

新生児訪問指導歴約20年以上のキャリア を持つ助産師。毎月30件、年間400件近 い新生児訪問を行い、出産直後から3歳児 の育児のアドバイスや母乳育児指導を実施。

あわせて読みたいおすすめの記事